相続税の申告,無料相談は名古屋市の相続税専門税理士へ

弁護士法人 名古屋総合パートナーズ

名古屋・丸の内事務所

地下鉄 鶴舞線・桜通線
丸の内駅4番出口徒歩2分

金山駅前相談センター

金山駅
南口 正面すぐ

本山駅前相続相談センター

本山駅
3番出口すぐ

  • HOME
  • 料金
  • 相談の流れ
  • 予約
  • 当法人の理念
  • 税理士・税務スタッフ紹介
  • 相続税Q&A
  • 事務所紹介
  • アクセス
愛知・名古屋の相続税申告・対策のご相談

配偶者居住権設定に伴う相続税の軽減効果

はじめに

民法改正により新たに創設された配偶者居住権が今年4月に施行となりました。

配偶者居住権は、相続開始の時に居住していた被相続人の所有建物を対象として、配偶者にその使用及び収益を認めることを内容とする法定の権利です。

これは相続開始後の配偶者の居住権を保護するための方策であり、例えば、先妻の子が相続で取得した自宅家屋に後妻が居住し続けることができることなどを想定して創設された制度です。
(詳細については、民法改正による配偶者居住権の創設と相続税をご参照ください。)

配偶者居住権による相続税への影響

この配偶者居住権を遺言書や遺産分割協議書で設定した場合の相続税への影響については当初より議論がありましたが、その後公表された通達や示された当局側の解釈の中で、

  • 配偶者居住権を取得した配偶者が死亡することにより配偶者居住権は消滅し、相続税課税の対象となる遺産とはならないこと
  • 配偶者居住権の設定されていた土地建物の所有者は配偶者の死亡により当該土地建物の使用収益をすることができるようになるが、この利得の増加はみなし贈与課税(相続税法9条)の対象とはされないこと
  • などが明らかにされました。

    これにより、一定の場合、配偶者居住権を設定しない場合より設定する場合の方が、一次相続と二次相続をトータルで考えた場合の相続税額が結果として少なくなるケースが生じると言えるようになりました。

    相続税額が少なくなるケースについて具体例を挙げて説明します。

    税金

    相続税額が少なくなるケース

    父が亡くなり、母と子1名が相続人で、遺産は自宅の土地8,000万円と家屋2,000万円、現預金1億円であったとします。
    母の年齢より導かれる平均余命を23年、この複利現価率は0.507、建物の残存耐用年数を38年とします。

    遺産分割において母と子は2分の1ずつ遺産を相続することを前提とし、自宅土地にかかる小規模宅地等の特例は母が取得する場合にしか適用できないこととします。
    また単純化のため母の固有財産はなく、一次相続後の財産の増減もないものとします。

    ①配偶者居住権を設定しないケース

    まず、配偶者居住権を設定しない場合の相続税額を計算しますと、小規模宅地等の特例を最大限利用することを踏まえて、土地と家屋は母が取得し、現預金は子が取得することにします。

    この場合、一次相続における遺産の課税価格は、

    8,000万円×(1-0.8)+2,000万円+1億円=1億3,600万円

    となり、発生税額は1,480万円、配偶者税額軽減の適用により、一次相続で納付すべき相続税額は子の負担する1,088万円のみとなります。

    また、二次相続における母の遺産は土地と家屋の1億円となり、子の負担する相続税額は1,220万円となります。

    結果、一次二次のトータル税額は2,308万円となります。

    ②配偶者居住権を設定するケース

    次に、配偶者居住権を自宅家屋に設定する場合の相続税額を計算します。
    この場合、家屋の配偶者居住権とこれを確保するために認められる土地の敷地利用権を母が相続により取得し、土地と家屋の所有権自体は子が取得することになります。

    この場合の配偶者居住権が設定された家屋の所有権の評価額は

    2,000万円×(38年-23年)/38年×0.507=400万円

    と計算されます。

    これにより、配偶者居住権の評価額は差し引きで1,600万円と算出されます。

    また、土地には配偶者居住権設定に基づく土地の敷地利用権が付されますが、その制約付きの土地の所有権の評価額は、

    8,000万円×0.507=4,056万円

    と計算されます。

    これにより、土地の敷地利用権の評価額は差し引きで3,944万円と算出されます。

    このとおり母は配偶者居住権の設定により5,544万円相当額の財産を取得することになるため、遺産分割は母と子2分の1ずつで行うことを踏まえますと、母は現預金を4,456万円分取得することになります。

    一方、子は土地と家屋の所有権(計4,456万円)と現預金5,544万円を取得することになります。

    これらを前提に相続税を計算しますと、まず一次相続ですが、小規模宅地等の特例は母の相続する自宅土地の敷地利用権に適用することはできますが(土地の上に存する権利として適用可能)、子が取得する土地の所有権には適用されませんので、遺産の課税価格は、

    3,944万円×(1-0.8)+4,056万円+2,000万円+1億円=1億6,845万円

    となり、発生税額は2,394万円、配偶者税額軽減の適用により、一次相続で納付すべき相続税額は、子の負担する1,421万円となります。

    また二次相続ですが、配偶者居住権が母の死亡により消滅してしまい、また、土地と家屋の所有権自体は一次相続で子が既に取得しているため、遺産は母が保有する現預金の4,456万円のみとなり、子の負担する相続税額は86万円となります。

    結果、一次二次のトータル税額は1,507万円となります。

    上記のケースの計算結果

    上記事例の結果を整理しますと次の表のようになります。

    (単位:万円)

    ①配偶者居住権を設定しない ②配偶者居住権を設定する
    <一次相続>
    土地 8,000 3,944 4,056
    (小規模宅地特例適用) (6,400) (3,155)
    家屋 2,000 1,600 400
    現預金 10,000 4,456 5,544
    課税財産価格 13,600 16,845
    相続税額 1,088 1,421
    <二次相続>
    土地 8,000
    (小規模宅地特例適用)
    家屋 2,000
    現預金 4,456
    課税財産価格 10,000 4,456
    相続税額 1,220 86
    <一次二次税額トータル> 2,308 1,507

    このとおり、一次相続で比較すると小規模宅地等の特例の適用できる範囲が配偶者居住権設定に伴う敷地利用権に限定される分、配偶者居住権を設定する方が、相続税額が高くなりますが、二次相続を見ると、配偶者居住権が消滅することにより課税対象となる土地家屋がなくなり、相続税額は大きく減少します。

    結果として、配偶者居住権を設定する場合の方が一次二次トータルの負担税額が少なくなることが分かります。

    税負担が大きくなる可能性

    確かに上の結果は配偶者居住権設定による相続税の軽減効果と考えてよいと思いますが、どのような場合でも税金面で有利となるか、というとそうとも言えません。

    上の表に示されているとおり、一次相続で多く納付した後、二次相続で負担が大きく下がることにより全体として軽減されていることとなるため、一次から二次にかけて土地家屋の売却などが行われると状況が変わり、税負担が大きくなる可能性が生じます。

    具体的には次のような事項がマイナス要素として挙げられます。

    • 配偶者居住権を設定した家屋を売却することになった場合、通常配偶者居住権を合意解除により消滅させることとなるが、この時、子から母に金銭の支払いがなければ、母から子に配偶者居住権の評価額相当の贈与がなされたことになり、贈与税負担が生じる可能性がある。
    • 上の場合に子から母へもし金銭の支払いがあれば、これを対価とする譲渡所得税が母に生じる可能性がある。この場合の譲渡所得税は、敷地利用権も含めて分離課税ではなく総合課税とされてしまう。また、マイホーム特例などの適用は受けられないと考えられる。

    この他、相続税の観点では、一次相続でも二次相続でも自宅土地に対して小規模宅地等の特例が適用できる状況にある場合(80%の評価減が全面的に使える場合)は、配偶者居住権を設定しない方が相続税の軽減効果が得られることも留意する必要があります。

    また、父と母の固有の財産の総額に大きな差がある場合(先に亡くなる父と比べ母の方が財産がかなり少ない場合)などは、相続税の累進税率の影響で一次相続での税負担が大きくなり、遺産分割の内容次第で一次二次トータルでの相続税の軽減が得られないことも起こり得ます。

    最後に

    配偶者居住権を設定したことにより税負担が軽減されるケースは、残された母が自宅を終の住み処として売却することなく住み続けることが大前提となるようです。

    言い方を換えると、節税目的で配偶者居住権を設定した場合、自宅を売却するという選択肢がなくなるという制約が遺族に課されるという状況が生じ得ることになります。

    上述のとおり配偶者居住権は残された配偶者のその後の居住権を保護するための民法上の制度であり、税負担の軽減を目的に創設された制度ではありません。

    「配偶者居住権の設定により相続税が結果的に軽減される場合がある」とご理解いただいた方が適切であると考えます。

    税理士法人名古屋総合パートナーズ 初回相談は30分無料です お気軽にご相談ください。0120-758-352 相談受付時間平日9時~18時半 夜間相談毎週火・水 17時半~21時 土曜相談毎週土曜日 9時半~17時

    事務所案内

    税理士紹介

    理念

    Facebookにてご意見・ご質問お待ちしております!

    税理士法人名古屋総合パートナーズでは、お客様の疑問などを積極的にコンテンツ化し、相続税で悩まれている全ての方へ正しい知識が提供できるように、日々サイトの改善を行っております。現在、サイトコンテンツの追加の際にお客様の求める情報を素早く提供するため、Facebook ページから広くご意見を募集しております。

    相続税申告・相続税対策で悩んでいる、相続税全般について知りたいことがあるけどインターネット上で見つからなかったという皆様から、たくさんのメッセージをお待ちしております。 ※ サイトの更新やセミナーのご案内等の情報をいち早くお届けするために、Facebook ページへの「いいね!」をお願いします。

    サブコンテンツ

    メインコンテンツ

    事務所案内

    事務所概要

    税理士法人名古屋総合パートナーズ

    〒460-0002
    愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号
    メットライフ名古屋丸の内ビル6階(旧丸の内STビル)

    相談時間 平日9:00~18:30
     夜間相談(毎週火・水曜日)
     17:30~21:00
     土曜相談(毎週土曜日)
     9:30~17:00

    ご相談予約専用フリーダイヤル | 0120-758-352

    予約受付時間
    平日・土日祝6:00~22:00
     

    アクセスはこちら

    対応マップ

    対応マップ

    より良いサービスのご提供のため、相続税申告・相続税対策の取扱案件の対応エリアを、下記の地域に限らせて頂きます。
    【取り扱いエリア】
    愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市,瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町))
    愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市)
    愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市)
    岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町))
    三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町))
    三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市)
    静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)
    無料相談については、相続人・受遺者の方の内少なくとも1名が上記エリアにお住まいの場合、または被相続人の最後の住所地が上記エリアにある場合の方に限定させていただいております。

    関連サイト

    事務所サイト

    当事務所の専門サイトのご案内
    事務所サイトをご覧ください。

    運営管理 Copyright © 税理士法人 名古屋総合パートナーズ All right reserved.
    所属:名古屋税理士会

    弁護士の法律相談、税理士の税務相談、司法書士の登記相談・登記手続一般 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内二丁目20番25号 メットライフ名古屋丸の内ビル6階(旧丸の内STビル) TEL:052-231-2603(代表)
    ■提供サービス…交通事故、遺言・相続・遺産分割・遺留分減殺請求・相続放棄・後見、不動産・借地借家、離婚・財産分与・慰謝料・年金分割・親権・男女問題、債務整理、過払い金請求・任意整理・自己破産・個人再生、企業法務、契約書作成・債権回収、コンプライアンス、雇用関係・労務問題労働事件、対消費者問題、事業承継、会社整理、事業再生、法人破産
    ■主な対応エリア…愛知県西部(名古屋市千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区, 豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,西春日井郡(豊山町),愛知郡(東郷町),春日井市,小牧市瀬戸市,尾張旭市,長久手市津島市,愛西市,弥富市,あま市,海部郡(大治町 蟹江町 飛島村), 一宮市,稲沢市,犬山市,江南市,岩倉市,丹羽郡(大口町 扶桑町),半田市,常滑市,東海市,大府市,知多市,知多郡(阿久比町 東浦町 南知多町 美浜町 武豊町)) 愛知県中部(豊田市,みよし市,岡崎市,額田郡(幸田町),安城市,碧南市,刈谷市,西尾市,知立市,高浜市) 愛知県東部(豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市) 岐阜県南部(岐阜市,関市,美濃市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,本巣郡(北方町),多治見市,瑞浪市,土岐市,恵那市,中津川市, 大垣市,海津市,養老郡(養老町),不破郡(垂井町 関ヶ原町),安八郡(神戸町 輪之内町 安八町),揖斐郡(揖斐川町 大野町 池田町),恵那市,中津川市,美濃加茂市,可児市,加茂郡(坂祝町 富加町 川辺町 七宗町 八百津町 白川町 東白川村),可児郡(御嵩町)) 三重県北部(四日市市,三重郡(菰野町 朝日町 川越町),桑名市,いなべ市,桑名郡(木曽岬町),員弁郡(東員町)) 三重県中部(津市,亀山市,鈴鹿市) 静岡県西部(浜松市,磐田市,袋井市,湖西市)